Browse By

自分の人生にとって転職は非常に大切だ。

転職をするのは、絶対に人のためなんかでは無い。もちろん親や嫁なども関係ない。自分がなぜ転職をするかは、自分だけにしか分からない部分も大きいと思う。ただし、家族は転職と聞けば驚くはずだ。それを納得させるのは、転職をした結果が今よりも良くならなければならない。転職をして、生活の水準が下がってしまうのでは、家族も納得はしないはずだ。仕事とは、生活の糧を得られるためのものと僕は思っている。食べる必要が無ければ、糧を得る必要も無いとも。それだけにどんな仕事でも我慢できるし、どんな仕事とにでも頭を下げることが出来る。逆に、ここで頭を下げても、もらうものだけもらえれば俺の勝ちだというぐらいの気持ちでいるのだ。転職に関しても、突然降ったように仕事の話が舞い込むわけは無い。そこには何らかの人間的つながりがあるはずだ。その時頭を下げられるかどうかが、将来に影響を与えるのなら、ちゃんと頭を下げておいた方が良い。たとえその間に入る人間が嫌いな人間だったとしてもだ。

プライドなんかその時、仮にズタズタにされたって、将来の成功を夢見るのなら頭を下げておくことだ。それだけで何とかなるのだから。まさか相手も土下座をしてまでお願いしろとは言わないはずだ。頭を下げるだけで次の就職口を世話してくれるのなら、簡単なことじゃないかと僕は思う。ただし、どんな形でも良いから、今の職場よりは少しだけでもステップアップできることだ。条件や内容が同じでは、転職をする意味が無いからだ。

採用条件が今と全く同じなら、わざわざ転職なんかする必要は無い。昔よりは世間的には言われなくなったが、日本の場合は、転職はあまり良いものだとは思われていない。履歴書の前職欄が一杯詰まっていると、それだけでヘッて感じになってしまうはずだ。それだけ転職という行為自体はこの日本においてはあまり認められていないと言えるのだ。アメリカの様に、オフィースを渡り歩くことで地位と名誉と給料が上がる世界とは全然違うのだ。アメリカのような世界はお断りだが、こと転職への理解度という点だけは評価できる。誰のためにするのでも無い、自分自身のためにするのだから、自分の人生に悔いを残さないようにすることだけが必要だ。人生は一度だけなのだから、やり直すことはどんな人間にも不可能なのだから。自分にとって一番良い道を見つけるために、すてきな転職を行って欲しい。時期的に今はあまり良くないと言えるが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*